社会・労働保険、年金情報を随時更新しています。
by office-matsumoto
事務所HP
当ブログは社会保険労務士事務所【オフィス松本】から発信しています。
⇒事務所HP【オフィス松本】
※別ウィンドウが開きます。
最新の記事
おふぃま新聞 11月号
at 2018-11-12 14:06
おふぃま新聞 10月号
at 2018-11-12 14:04
おふぃま新聞 9月号
at 2018-11-12 14:02
おふぃま新聞 8月号
at 2018-11-12 14:01
おふぃま新聞 7月号
at 2018-11-12 14:00
カテゴリ
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
事務所新聞 7月号
7月、シトシトの梅雨空ではなく、突然のゲリラ雨の梅雨です。
穏やかな日本の天候はどこへやら・・・
年ごとに、極端な気候へと移っているようです。
 
1.「新卒者体験雇用事業」の拡大

この事業は、就職先が決まっていない新規学卒者を対象に、
企業が体験的な雇用を行うことで、
その後の正規雇用に結び付けることを目的としています

この制度を活用する企業には、「新卒者体験雇用奨励金」が支給されます。
奨励金の額は、
1カ月目:8万円、
2カ月目:4万円
3ヶ月目:4万円です。

この制度を利用して、人材の採用・定着につなげたいですね。


2.労災における「障害認定の男女差」

労災で顔や首にやけどの跡が残った場合、
労災認定では、男女に差があります。

「外貌に著しい醜状を残すもの」として、
男性の等級は「12級」、女性の等級は「7級」です。

これは、女性のほうが男性より精神的苦痛が大きいとするからです。

この男女の差について、京都地裁で「憲法違反」との判決が出ました。

厚生労働省は、今年度中に労災保険の障害等級表を見直すとしています。


3.「メンタルヘルス対策」をめぐる動き

日本における自殺者3万人超の内、約2500人の原因・動機は、
「勤務問題」と言われています。

企業として、次の取組が急務となっています。

(1)メンタルヘルス不調者が発生しないための取組み
(2)不調者が発生してしまった場合の対応に関してのルール作り

具体的には、「休職制度」 「職場復帰制度」 「リハビリ勤務制度」等の規定化
が急がれるところです。


4.育児・介護休業法に関する援助・調停制度

6月30日に育児・介護休業法の一部が施行されました。
育児取得による不利益取扱いは禁止されていますが、
それらに関するトラブルは多いようです。

例えば、育児休業取得による解雇、降格、
または、正社員からパートタイマーへの変更の強要などです。

改正育児・介護休業法においては、
都道府県労働局長による「援助制度」
社会保険労務士や弁護士などの専門家で構成される「調停制度」があります。

企業としては、紛争とならないような制度作り、労務管理等が求められます。


~~~~~~~~~ コラム ~~~~~~~~~

小惑星探査機「はやぶさ」が7年ぶりに地球に帰ってきました。
持ち帰った小惑星の砂や微量の気体から何が発見されるか
すごく興味があります。

昔、カール・セーガン博士が宇宙・地球・人間を語った
TV番組「COSMOS」がありましたが大好きな番組でした。

暑い夏、たまには窓を開けて星を眺めてみましょうか。
ひょっとしたら、
大阪の職人集団が打ち上げた人工衛星「まいど1号」をみることができるかも。
[PR]

by office-matsumoto | 2010-07-06 17:28 | 事務所新聞
<< 残業代を削減するには 事務所新聞 6月号 >>