社会・労働保険、年金情報を随時更新しています。
by office-matsumoto
事務所HP
当ブログは社会保険労務士事務所【オフィス松本】から発信しています。
⇒事務所HP【オフィス松本】
※別ウィンドウが開きます。
最新の記事
おふぃま新聞 8月号
at 2017-08-10 15:00
おふぃま新聞 7月号
at 2017-07-12 12:11
おふぃま新聞 6月号
at 2017-07-12 12:10
おふぃま新聞 5月号
at 2017-05-07 08:35
おふぃま新聞 4月号
at 2017-05-07 08:33
カテゴリ
検索
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

おふぃま新聞 6月号
原発事故関連のニュースは、少なくなりました。
でも、静岡のお茶や野菜などの汚染、学校の土壌汚染など
未だ解決できていません。

ニュースの量とともに、この問題の関心も
少なくならないよう願うばかりです。


1.原発事故の風評被害を受ける輸出企業への支援策

政府は、輸入を拒否された際に「貿易保険」から保険金を支払うほか、
輸出品が放射線量の検査を受ける際に必要な費用についても補助金を支給するなどの支援策を
発表しました。

風評による輸入拒否で損害を受けた企業に対し、
保険金で損害額のほぼ全額を補償するとのことです。


2.「ねんきんネット」で年金加入記録を確認

日本年金機構では、公的年金記録を確認できるインターネットサービス
「ねんきんネット」(以下、「ネット」)の運用を2月末から始めました。

加入開始時から、直近(原則1か月前)の加入記録が確認できます。
一度ご自分の記録を確認してみてはいかがでしょうか。


3.「自律訓練法」の活用でストレス解消

ストレスが原因とされる心身の不調を改善するために効果があると言われるのが、
「自律訓練法」と呼ばれる心理療法です。

手順:
基礎公式:静かな落ち着けるところで、ゆったりした服装で、
椅子やソファに深く腰掛けるか仰向けに寝て、「気持ちが落ち着いている」と心の中で唱えます。

第1公式:右手が重たい・左手が重たい・右脚が重たい・左脚が重たい、の順)を唱え、
腕や脚に「重み」を感じることを練習します。

第2公式:血液循環が良くなり手足の腕や脚に「温かさ」を感じる練習をします。

第3公式:「心臓が静かに規則正しく打っている」

第4公式:「楽に呼吸をしている」

第5公式:「おなかが温かい」

第6公式:「額が心地よく涼しい」と続きます。

これは、一種の自己催眠法であり、全身をリラックスさせることができ、
心身の疲れがとれるとされます。


4.夏場の「電力不足・節電」に向けた企業の対応

企業ができる節電のための具体策としては、次のようなことが考えられます。
(1)照明関係…看板・ショーウインドーの消灯、LED電球への切替え
(2)設備関係…エレベーターの運転削減、パソコンの小まめな電源停止
(3)エアコン・空調…冷房温度の引上げ、クールビズの強化
(4)その他…自家発電機の導入など

経済産業省では、東京電力・東北電力管内の中小企業やビルなど約20万カ所に、
節電方法の助言などを行う「節電サポーター」を派遣すると発表しています。


5.今年の新入社員は何を重視? 理想の上司像は?

「良好な人間関係」を最も重視しており、理想の上司は「指示・指導が的確」であるとしています。
また、新社会人の多くは「上司に本音を語れない」という意識調査の結果もあり、
30代~50代の会社員は、20代の若者は「伝える力」が低いと回答しています。


~~~~~~~~~~ コラム ~~~~~~~~~~~~~~~

昨年は、パワースポット巡りにはまった私、今年は、街歩きにはまっています。
ただ歩くのはつまらないので、テーマを持ってお江戸を散策中。
先日は、神田川~墨田川~荒川と船から都内を散策してきました。

次は、東京(お江戸)を歩きましょう!ということでみつけたのが、宮部みゆきの
「平成お徒歩日記」。江戸の歴史をテーマにお江戸を歩くエッセイ本。
とても読みやすいです。
例えば、「真夏の忠臣蔵」は、両国から高輪までを歩くコース。
何故、夏歩くことになったのか・・など、グダグダと書かれていますが、読むと歩きたくなります。

お勧めは「市中引き廻しのコース」。小伝馬町から鈴ケ森、小塚原のコースです。
今年の夏は、街歩きをしてはいかが?
[PR]

by office-matsumoto | 2011-06-14 21:03 | 事務所新聞