社会・労働保険、年金情報を随時更新しています。
by office-matsumoto
事務所HP
当ブログは社会保険労務士事務所【オフィス松本】から発信しています。
⇒事務所HP【オフィス松本】
※別ウィンドウが開きます。
最新の記事
おふぃま新聞 10月号
at 2017-10-12 10:31
おふぃま新聞 9月号
at 2017-10-12 10:30
おふぃま新聞 8月号
at 2017-08-10 15:00
おふぃま新聞 7月号
at 2017-07-12 12:11
おふぃま新聞 6月号
at 2017-07-12 12:10
カテゴリ
検索
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

おふぃま新聞 4月号
3月11日。
東北太平洋沖地震が起きました。
地震、津波、火災、原発の放射能漏れとまだ緊急事態は続いています。

『東北太平洋沖地震関連より ・・・厚生労働省の発表』をまとめました。

【地震被害に伴い事業活動縮小した場合に、助成金が使えます】3/18発表
【計画停電が実施される場合の休業手当の取扱いについて】3/15通達 
【医療・介護】【社会保険手続関係】【雇用対策関係】
【復興支援ポスター】
http://pstr.jp/site/index/page/2

詳細については、HPの TOPICS
http://www.office-matsumoto.com/sr/index.html


1.仕事にも多大な影響を与える花粉症

約半数の人が花粉症である、と答えており、その半数は「10年以上前から」花粉症の症状があると
いうことです。

「花粉症にかかって何が困るか」という質問に対しては、(1)仕事に身が入らない、
(2)イライラする、(3)気分がふさぐ、(4)疲れやすくなる、(5)睡眠不足になるという結果がでており、
仕事のパフォーマンスが落ちることが会社にとっても大きな損失と言えます。


2.長時間労働を防止する「勤務間インターバル制度」

これは、従業員の方の仕事が終わってから次に仕事を始めるまでに、
一定の休息を義務付ける制度のことです。

夜間・休日の仕事が多くなる通信工事の会社などでも、
労使合意に基づく制度化が進んでいるようであり、
今後、本格的に取り組む企業が増えていきそうです。


3.「公益通報者保護法」の実効性は?

この法律は、法令違反行為を労働者が通報した場合に、
解雇等の不利益な取扱いから保護し、また、事業者のコンプライアンス経営を
強化することを目的としています。

しかし、制度が充分に機能しているとはいえないようです。

最近では、インターネットでの「内部告発サイト」を通じた匿名の告発や
暴露が増えています。内部通報制度が有効に機能しなければ、
重大な企業の情報がネット上に流れる危険性があると言われています。


4.「天引き貯蓄」制度を有効活用

天引き貯蓄の筆頭格は、「財形貯蓄制度」ですが、これには、
「一般財形貯蓄(一般財形)」、「財形住宅貯蓄(住宅財形)」、
「財形年金貯蓄(年金財形)」の3種類があります。

資産形成の王道でもある、天引き貯蓄を始めませんか?


~~~~~   コラム   ~~~~

地震、津波、火災、原発の爆発、計画停電、水道や野菜の放射能汚染・・。
災害時には、「感情のマヒ、不安、罪悪感、怒り、集中力の低下」などの
ストレス反応がおきます。

それを軽減する方法として最も良いのが「話すこと」だそうです。
互いに、気持ちを話す、そして聞く。

日常のそのものが大変な時だからこそ、ほんの少しでいいから、
自分の時間をみつけて気持ちが楽になることをしましょう。

軽く運動や深呼吸もストレス軽減に有効です。
[PR]

by office-matsumoto | 2011-03-29 19:43 | 事務所新聞
おふぃま新聞 3月号
3月です。
今日はひな祭り、かつ 耳の日です。

暖かい日もあれば、今日のように風の強い日もあります。
現代病と言われる花粉症もピークになってきました。

目の痒みと、くしゃみと 鼻がムズムズする季節。
医学の発達している現代に、「なんとかならないもんか・・・」と毎年思うのは私だけでしょうか。

さて、今回の 「おふぃま新聞」葉、以下の6つでお届けします。

1.学生が「行きたい会社」と「行きたくない会社」

就職氷河期と言われていますが、新入社員の退職率は高いようです。
そこで、「行きたくない会社」を調べてみると、

(1)「暗い雰囲気の会社」(44.6%)、
(2)「ノルマのきつそうな会社」(32.7%)、
(3)「仕事の内容が面白くない会社」(22.4%

という結果が出ています。


2.パート労働の問題点と今後の改正について

パートタイム労働法が施行され3年目を迎えるにあたり、
「今後のパートタイム労働対策に関する研究会」が
厚生労働省内に立ち上げられました。

この研究会は、以下の検討を目的としています。
(1)パートタイム労働の実態、
(2)パートタイム労働の課題、
(3)今後のパートタイム労働対策について


3.成長分野に対して支給される奨励金

雇用創出効果が高い「健康分野」「環境分野」において
人材育成に取り組む事業主に対して、1人20万円(大学院利用は50万円)を支給します。

支給の対象となる職業訓練コースは、次の要件があります。
(1)1コースの訓練時間が10時間以上、
(2)Off-JTであること、
(3)所定労働時間内に実施される訓練が総訓練時間数の3分の2以上


4.有料老人ホーム入居時の契約トラブルに注意!

高齢化社会を迎える中、介護付き有料老人ホーム等への入居を希望し、
介護体制や設備などをチェックするため、希望先のホームに体験入居する方も多いようです。

しかし、入居一時金や月額費用の金額など、費用面の確認を怠たり
トラブルに発展するケースも見受けられます。
定額で支払う月額費用等に何が含まれるのか、事前に確認しておく必要があるでしょう。


5.「継続雇用制度導入」の特例措置がまもなく終了

現在、65歳未満の定年を定め、継続雇用制度の導入をしている場合、
再雇用者を、希望する全員を対象とするか、労使協定により対象者の基準を定めることになります。

この基準を就業規則で定めている場合、3月末日までに
(1)労使協定により基準を定めた旨を就業規則に定める
(2)労働基準監督署への届出る
が必要です。


6.高額医療費における患者の立替払いが不要に

高額療養費制度は、一定の金額(自己負担限度額)が設けられ、
それを超えた場合に、一旦、病院の窓口で本人負担分を支払い、
支給申請をすることにより、患者が加入する保険者から後から払い戻される仕組みです。

しかし、患者の立替の負担が大きくなる現状を踏まえ、
2012年度から、全ての医療機関・薬局で対応させる方針です。

現在でも、高額療養費の場合は、「限度額適用認定証」を提示すれば
自己負担の上限額までの支払で済むことになっています。

~~~~~   コラム   ~~~~

やっと春らしくなりました。
「厚いコートを脱いで~出かけませんか~ッ♪」と、活動的になる季節です。
バイク族は海へ山へと出かけ、公園にはカラフルなウエアの人が走っています。

人間が活動的になるように、地球も動き始めたのでしょうか。
新燃岳の噴火、ニュージーランドの地震と、
改めて地球が活きていることを思い知らされます。

これは、地球の怒りなのでしょうか。
『地球を大切にしなさい』というメッセージだと思うのです。
[PR]

by office-matsumoto | 2011-03-03 17:45 | 事務所新聞