社会・労働保険、年金情報を随時更新しています。
by office-matsumoto
事務所HP
当ブログは社会保険労務士事務所【オフィス松本】から発信しています。
⇒事務所HP【オフィス松本】
※別ウィンドウが開きます。
最新の記事
おふぃま新聞 10月号
at 2017-10-12 10:31
おふぃま新聞 9月号
at 2017-10-12 10:30
おふぃま新聞 8月号
at 2017-08-10 15:00
おふぃま新聞 7月号
at 2017-07-12 12:11
おふぃま新聞 6月号
at 2017-07-12 12:10
カテゴリ
検索
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

重大事故の要因分析から ①
7月1日に、平成21年度の自動車運送事業に係る交通事故要因分析報告書の
「社会的影響の大きい重大事故の要因分析」が公表されました。

重大事故16事例のうち5事例の事故要因が「過労運転」と分析されています。

今回から4回に分けて、重大事故16事例のうち、
トラック運転者による4事例を労務管理の面から考えてみたいと思います。

【事故事例⑫】 トラック運転手の居眠り運転による事故

『事故の概要』 
高速道路走行中に居眠り運転を行ったことにより、
車線規制により走行車線で行われていた工事現場に突入する。
工事現場の作業員4名が死亡、2名が軽症を負った。

『事故に至るまでの運行状況および事故要因分析』
事故当日、運行管理者が遅刻したために、
点呼を受けずに営業所を出発(2時)。その約8時間後に事故が発生。

なお、事故日の2日前及び3日前は休日であったが、
運転者は休日の夜中から明け方にかけて、事業者に無許可で別運送会社の運転者として就業。

また、事故前日は拘束時間(16時間超)や休息期間(8時間未満)の改善基準違反。

これらにより運転者は過労状態となり居眠り運転を行った可能性が考えられる。

『労務管理面から問題点』
当運転者の事故日前1ヶ月間の拘束時間は262時間(8.7時間/日)、
休日数8日である。ただし、休日に他社で運転を行っている。

休日は、「何をしても自由な日」ではなく、
「疲労を解消するために休養する日」と指導する必要があります。
労務管理とは、就業中の管理だけでなく、
常にベストな体調で就業できるように体調を整えるよう従業員を指導することも含むと言えるでしょう。
[PR]

by office-matsumoto | 2010-09-03 13:57 | 物流ウィークリー
完全出来高制の給与
全4回に分けて、未払賃金がどうして発生するのか、
また、未払賃金を発生させないためにはどうすればいいかをお伝えしてきました。

毎回、賃金については「労働時間」・「時間給」という時間の視点から考えてきました。

今回は、売上に連動する完全出来高制の給与について考えてみましょう。

会社と労働者は、雇用契約という『契約』で成り立っています。
契約は、お互いが納得すれば成立しますが、
雇用契約においては、労働者が不利になる契約となる可能性があるため、
労働者を保護する労働基準法等を遵守した内容であることが求められます。

その中で賃金について次の事が定められています。

 「最低賃金」・・・地域別・産業別に定められた賃金の最低基準(時間給)
 「割増賃金」・・・時間外・深夜・休日の労働時間には割増賃金が必要
 
つまり、労働者に支払う賃金には、「時間」というモノサシが必要です。

完全出来高制は、売上に応じて報酬を支払う制度です。
仕事のある時は、働けば働いただけの収入を得ることができ
従業員のモチベーションがあがる制度だと言われています。

反面、仕事がなければ売上はゼロとなり、
割の悪い仕事であれば長時間働いても売上は伸びず報酬も増えず、
モチベーションは下がります。

さらに、出来高制は労働時間に応じ一定額の賃金の保障が必要となる制度であり、
会社の都合で休業(労働時間をゼロ)にすれば休業手当の支払いが必要となります。

つまり、売上に連動した完全出来高制の給与はないことになります。

また、出来高給と言えども、
出来高に要した全労働時間(時間外労働を含めて)で割って求めた時間あたりの賃金を計算し、
時間外の労働時間については割増率を乗じて割増賃金を計算します。

労働時間と関係がないように見える出来高給(歩合給)でも、
やはり「時間」というモノサシで見る必要があります。
[PR]

by office-matsumoto | 2010-09-03 13:54 | 物流ウィークリー
事務所新聞 9月号
9月になっても、連日の猛暑。
東京では、熱帯夜の連続日数を日々更新しているそうです。

1.外国人留学生の日本企業への就職状況

日本企業への就職を目的とする「在留資格変更許可申請」は減少傾向ですが、
国籍・出身地別では、アジア諸国出身者からの申請が90%以上を占めています。

グローバル化が進み、アジア諸国への進出を図りたい日本企業にとっては、
留学生の存在はますます大きなものになっていくものと思われます。


2.どうなる?新しい高齢者医療制度

75歳以上の人が加入する「後期高齢者医療制度」に代わる、
新たな高齢者医療制度の骨格を厚生労働省が固めました。

それによると、約1,400万人が加入している後期高齢者医療制度は、
2012年度末に廃止とし、そのうち自営業者や無職の人など8割程度の人は、
原則として市町村が運営する国民健康保険(国保)に、
残りの2割程度を占める会社員やその扶養家族らは、
勤務先の健康保険組合や協会けんぽなどに移行させるとしています。


3.「年金型生命保険」は二重課税?

死亡保険金を年金で受け取る生命保険について、
「相続税と所得税の両方を課税するのは違法である」との
最高裁判所の判決がでました。

それを受け、政府は、同種契約の生命保険で徴収しすぎた所得税を
還付する方針を発表しました。

しかし、どの商品が還付の対象となるかの判断基準が
まだ公表されていません。

還付の対象や手続きなどに関する今後の具体的な情報に注意が必要です。


4.労使トラブル増加で「労働審判」申立件数が過去最高に

内容別の内訳では、「解雇等の地位確認」に関する申立てが1,701件、
「賃金・手当」に関する申立てが1,059件、
「退職金」に関する申立てが205件などとなっています。

労使トラブルの増加傾向が続けば、今後も労働審判の申立件数は増えていくものと思われます。


5.メンタルヘルス不調者増加への対応

約6割の起業で、「メンタル不調者が増加」との調査結果が出ています。
事業所が考えるメンタル不調の理由は、

(1)職場の人間関係(46.2%)
(2)職場外の個人的な問題(39.1%)
(3)仕事への不適応(39.1%)
(4)仕事の質の高さ(20.3%)
(5)仕事の量の多さ(19.3%)
(6)長時間労働(12.2%)

企業には、「職場の人間関係をいかに良好にするか」
「従業員それぞれに対していかに上手に仕事を割り振るか」
「長時間労働をいかになくすか」などの配慮・努力が求められています。


6.企業に求められる「受動喫煙防止」の取組み
厚生労働省は、労働安全衛生法を改正して、
職場における受動喫煙対策を義務付ける方針を明らかにしました。

これによると、事務所・工場等は原則として全面禁止とするか、喫煙室を設けるか、
強力な換気施設を設けるか等の選択が迫られことになり、
多くの起業に影響を与え、負担を強いることになりそうです。


~~~~~~~~~~~ コラム ~~~~~~~~~~~~

最近は「行方不明老人」が話題となっています。
行方不明となった老人をそのままにしておく家族がいるでしょうか。
認知症で行方不明となっても、何処かで生きていることを信じて死亡届を出さなかったのでしょうか。

それとも、一人暮らしでいつの間にか忽然と消えてしまったのか。

先日は、死亡を隠し年金を不正に受給していた長女が逮捕されました。
親の財産をめぐって子どもの仲が悪くなるのはよく聞く話です。
もし、親の年金が子どもに悪事を働かせることになり、
そして逮捕されたのなら、これほど親を悲しませることはないでしょう。
[PR]

by office-matsumoto | 2010-09-03 13:49 | 事務所新聞
事務所新聞 8月号
8月、暑い毎日が続いています。
日本は温帯気候から亜熱帯気候へと変わったかのような暑さですね。
 
1.低い日本における女性の就業率

日本の女性の就業率は、経済協力開発機構加盟国 30国のうち、29位で、
最下位は韓国だそうです。

就業率が低い理由として、
男女の給与の格差があることが言われています。

職業人生をみると、女性は出産や育児で、一時離れることが原因でしょうか。
生涯賃金は男性の4割とも言われています。

女性の潜在能力を活かす取組が求められています。


2.男性の育児を支援する「イクメンプロジェクト」

イケメンならぬ、「イクメン」。
男性で「育児休業制度を利用したい」と思う人は、31.8%。
「育児短時間勤務制度」を利用したいと思う人は、34.6%

イクメンプロジェクトは、男性の子育てへの参加や
育時休業取得の促進を目的とする、厚生労働省の取組です。


3.障害者「雇用納付金制度」「雇用率制度」の改正

平成22年7月から、以下の点が改正されています。

(1)「障害者雇用納付金制度」の対象事業主が、常用雇用労働者数が201人以上の事業主に
(2)「障害者雇用率制度」の対象労働者に、短時間労働者も拡大


4.離婚時のトラブルを上手に回避するために

トラブルになりやすいのは「住宅」と「生命保険」。
「住宅」は、ローンの債務が夫である場合は、妻名義の変更を
銀行が承諾しないというケースがあります。

また、「生命保険」の受取人が別れた妻のままでトラブルになるケースも。

離婚時にトラブルはつきものですが、
あらかじめ「予防策」と「解決策」を知っておくことが大事です。


5.職場における「熱中症」予防対策

(1)職場の暑熱の状況を把握し、必要な作業環境管理、作業管理、健康管理等を行うこと
(2)計画的な熱への順化期間(熱に慣れ、その環境に適応する期間)の設定
(3)自覚症状の有無にかかわらない水分・塩分の摂取
(4)熱中症の発症に影響を与えるおそれのある疾患(糖尿病等)を踏まえた健康管理など

~~~~~~~~~ コラム ~~~~~~~~~

梅雨の間は、豪雨・ゲリラ雨。
梅雨があければ今度は連日30度を超える暑さが続いています。

日本の気候は温暖で過ごしやすかったはずが、
いつの間にか暑さ、寒さ、そして雨の降り方まで過激になっています。

さて、暑い日とくれば、冷たいビール!ですね。
気温が1度上昇すれば、ビールは大瓶100万本も売上が増えるそうです。
今年は、もっとギンギンに冷たいビールがいいということで、
アサヒが銀座のバーで氷点下ビールを出しました。

マイナス2度のビールは、喉越しが良くビールの苦みも感じないようです。
ただし、店に入るまで最長2時間の待ち時間があるとか・・・。

気温と同様、景気もグングン上昇することを祈って、氷点下ビールで乾杯といきたいですね!
[PR]

by office-matsumoto | 2010-09-03 13:25 | 事務所新聞