社会・労働保険、年金情報を随時更新しています。
by office-matsumoto
事務所HP
当ブログは社会保険労務士事務所【オフィス松本】から発信しています。
⇒事務所HP【オフィス松本】
※別ウィンドウが開きます。
最新の記事
おふぃま新聞 10月号
at 2017-10-12 10:31
おふぃま新聞 9月号
at 2017-10-12 10:30
おふぃま新聞 8月号
at 2017-08-10 15:00
おふぃま新聞 7月号
at 2017-07-12 12:11
おふぃま新聞 6月号
at 2017-07-12 12:10
カテゴリ
検索
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

助成金セミナー ~狼火の会~
4月6日(火曜日)
異業種交流会 「狼火の会」で、助成金セミナーをさせていただきました。

セミナーのタイトルは

「返済不要のもらいっぱなしのお金」のお話

タイトルは少しソフトですが、
内容はしっかりと 「助成金+年金」のお話です。

助成金の活用は 経営力UP!!f0165077_4171525.jpg

狼火の会の皆様、
ありがとうございました。 
[PR]

by office-matsumoto | 2010-04-09 04:17 | セミナー
給与計算に要注意
3月分から健康保険料・介護保険料がUPしました。
健康保険は、大きく分けると、①全国健康保険協会、②健康保険組合、
③国民健康保険 があります。

今回、保険料がUPしたのは全国健康保険協会(通称=協会けんぽ)の保険料です。
「協会けんぽ」は、各都道府県単位で支部が設立されており、
支部単位に保険料が決まります。

今回、全国平均で現在の8.2%から9.34%、介護保険料は1.19%から1.50%へと大幅に上がりました。
 「協会けんぽ」の試算によると、40万円の給与の場合、
従業員が負担する保険料は健康保険料が約2300円、介護保険料は620円の増加になり、
事業主も同額が負担増加となります。
保険料を翌月徴収する企業は、4月の給与から控除する保険料が変わります。

社会保険料は、給与額に応じた標準報酬月額に保険料率を乗じて決まります。
標準報酬月額の決定には、入社時と7月の定時決定、そして随時改定があります。
随時改定は、固定的に支払う金額が大きく変動した場合、その後3ヶ月の給与の平均額で標準報酬月額を改定します。
その場合、変動から4ヶ月目に保険料が変わり、変動時と保険料を改定するタイミングが違うため忘れてしまうことがあります。後に随時改定漏れが分かった場合は、過去に遡って正しい保険料との差額をまとめて支払うことになります。
これは、会社はもちろん従業員にとっても大きな負担となります。
また、給与計算の間違いは、会社への不信感を生み、会社と従業員の信頼関係を壊すことになりかねません。
正しい給与計算は、労使の信頼関係の第一歩であり労務リスクマネジメントの基本と言えます。


2010.4.5 物流ウィークリー 掲載記事より
[PR]

by office-matsumoto | 2010-04-06 16:54 | 物流ウィークリー
事務所新聞 4月号
4月に入り、桜も満開までもう少し。
今週末は、花見に出かける人がどっと繰り出すのでしょうね。

さて、今月の事務所新聞は、次の内容でお届けします。

事務所新聞の概要をみて、関心のある記事がありましたら、
問合せフォームより、お申し込みください。

1.「中小企業金融円滑化法」施行で資金繰りへの影響は?

大手6銀行は、昨年12月に施行された「中小企業金融円滑化法」による
中小企業向け融資や住宅ローンの返済条件の緩和実績を発表しました。

それによると、件数・金額とも大幅な増加となっています。

多くは、個人の返済で借入期間を延長して毎月の返済額を減らすもので、
中小企業向けの融資の条件見直しはあまり利用されていないようです。

これは、条件の見直しを行ったがために、追加融資を受けられにくくなることを
懸念してのようです。


2.「改正労基法」施行目前 時短への取り組みは?

4月から、改正労基法が施行されました。

時間単位の有給休暇、割増し賃金率の引き上げなどの制度を導入する会社は
残念ながら少ないようです。

しかし、サービス関連企業では、法改正をきっかけに時短に取り組み傾向が見られます。


3.職場における「受動喫煙」防止への取り組み

受動喫煙を防止する対策の基本的な方向性

公共的な空間・・・原則「全面禁煙」 困難な場合は、分煙
野外については、配慮

職場においても、快適な職場作りの一環として、受動喫煙防止への取組が
求められています。


4.「営業秘密」の管理体制

企業には、技術・ノウハウ・アイデア等の「営業秘密」があります。
それが、退職者や業務委託先企業によって侵害・漏洩される事件が増加しています。

経済産業省では、「営業秘密管理指針」の会提案をまとめました。


5.「新卒者体験雇用事業」助成金

2月より、就職先が決まっていない新規学卒者を対象として、
体験的な雇用の機会を設け、受け入れた企業への助成金です。
 
  1人 月額8万円を支給


6.「ツイッター」の利用拡大と採用活動への活用

インターネット上で、140文字以内でメッセージをやり取りする
「ツイッター」がブームとなっています

いま、ツイッターを利用して企業を宣伝し、人材募集を行う会社も
出てきているようです。

また、学生も、ツイッターを就職活動の情報収集手段と
とらえているようです。


~~~~~~ コラム ~~~~~
春は大好きな季節です。何故なら、桜の季節だから (*^。^*)
日本人は誰もが「さくら」好きのようですが、
何故好きなのか、なぜ特別視するのか、いろいろと説があります。

最近では、花見をする外国人も増えてきており、サクラ好き日本人だけではないようです。

おもしろいサイトをみつけました。

「検定道 サクラ・お花見検定」

桜が大好きな皆様、是非チャレンジしてみてくださいね!
[PR]

by office-matsumoto | 2010-04-01 13:12 | 事務所新聞
人員整理を回避できない時は
3月になり気温が上昇しはじめましたが、依然景気は底冷え状態のようです。
雇用調整助成金を活用し従業員の雇用を維持してきたものの、
長引く不況に人員整理を考え始める会社も出てきたようです。
人員整理は、落ち度がない従業員を指名して会社の都合により一方的になされる解雇です。
軽率に行う人員整理は、解雇権の濫用で無効と判断され、労働トラブルへ発展する可能性があります。
人員整理を行うときは、次の条件を満たすことが必要です。

 まず、『本当に人員整理する必要性』が問われます。
人員整理をしなければ、事業を継続することが困難なのでしょうか。
「不景気で、このままいけば赤字になる」「業績不振だから」という予防措置的な人員整理は認められず
解雇は無効となる可能性が高いです。
次に、『人員整理を回避する努力』が問われます。
例えば残業時間の制限、役員報酬の減額、希望退職を募るなど、人員整理を回避する為に
何を行ったかが問われます。
その上で、やはり何名かの人員を整理しなければ事業の継続が困難と考えられる上で、
次に問われるのが『対象者の選定は合理的であるか』です。

対象者を指名して行う解雇で、対象者への感情が入ることは避けなければなりません。
そこで、客観的かつ合理的な基準を作成し、これに基づいて公正に対象者を選定すること求められます。
最後に『整理手続は妥当か』が問われます。基準に基づき合理的に選定した対象者に、人員整理の必要性、整理の時期・規模、選定基準、解雇条件などを十分に説明し、理解を求める努力が必要です。誠意のない対応は反発を招き大きな労働トラブルへと発展する可能性があります。

人員整理が解雇権の濫用と見なされれば解雇は無効となります。その場合、指名された従業員は職場に復帰するか、または相当額の和解金を支払って退職していただくことになります。

人員整理は極力避けるべきであり、回避できない場合は十分な準備と、強い意志、そして最大限の配慮と誠意をもって行わないと大きなリスクを抱えることになります。

2010.3.15 物流ウィークリー 掲載記事より
[PR]

by office-matsumoto | 2010-04-01 12:36 | 物流ウィークリー