社会・労働保険、年金情報を随時更新しています。
by office-matsumoto
事務所HP
当ブログは社会保険労務士事務所【オフィス松本】から発信しています。
⇒事務所HP【オフィス松本】
※別ウィンドウが開きます。
最新の記事
おふぃま新聞 12月号
at 2017-12-11 16:49
おふぃま新聞 11月号
at 2017-12-11 16:43
おふぃま新聞 10月号
at 2017-10-12 10:31
おふぃま新聞 9月号
at 2017-10-12 10:30
おふぃま新聞 8月号
at 2017-08-10 15:00
カテゴリ
検索
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「厚生省以外の助成金」物流ウィークリー掲載より
助成金の活用で会社に活力を!

9月から7回に分けて、厚生労働省の使いやすい助成金をご紹介してきました。
厚生労働省の助成金は、財源を雇用保険料で賄っているため、「新たな雇い入れをする場合」、
「従業員の雇用維持」、「雇用環境の整備」の雇用に関する助成が中心となります。

助成金は、厚生労働省以外でも扱っています。
例えば、中小企業庁は中小企業の経営支援策として補助金・助成金制度があります。
また、省エネや環境に関する助成を行っている機関もあります。
トラック協会でも助成金・補助金の紹介を行っています。

今までご紹介できなかった助成金をいくつかご紹介しますので、
関心のある助成金の詳細をネット等で調べご活用ください。

『雇用関連』
雇用調整助成金 → 景気悪化により、従業員の休業や教育訓練、出向を行った場合
中小企業基盤人材確保助成金 → 創業・異業種進出等のため人材を雇用した場合

『高齢者・障害者関連』
障害者初回雇用奨励金 → 障害者を初めて雇い入れた中小企業に対する奨励金
障害者雇用継続助成金 → 障害者の雇用を継続するため必要な施設の設置等を行う場合

『仕事と家庭の両立支援』
中小企業子育て支援助成金 → 育児休業・短時間勤務制度の導入後、対象者が出た場合
両立支援レベルアップ助成金 → 仕事と家庭(育児・介護)の両立を図るための制度を導入後、
                      対象者が出た場合

助成金を貰うためには、各種帳票の整備や就業規則の制定や見直し、
労働条件の整備(法令遵守)が必要です。

助成金目当てに新たな制度を導入するのは問題があるかもしれませんが、
助成金を活用して労働環境を整備すれば、良い人材の確保ができ、
従業員のモチベーションがUPし、その結果が業績向上へと繋がります。

事業存続の鍵は、「安心と安全」です。「安心」には、次の3つがあります。

会社の事業活動を社会が安心して見守れること、
荷主様が安心して大事な荷物を預けられること、
そして、従業員が安心して働くことができること、です。

その基本となるのが法令遵守です。

次回からは、労務コンプライアンス(法令遵守)についてお伝えします。


・・・・・・・・・・物流ウィークリー12月21日掲載記事より

労務コンプライアンスは、社会保険労務士事務所オフィス松本まで。
[PR]

by office-matsumoto | 2009-12-21 06:45 | 物流ウィークリー
「行政処分基準強化の影響」・・・物流ウィークリーにコメント掲載
「社労士として運送事業者を支援している松本千賀子氏(オフィス松本)は、法令遵守は企業として当然の責務と断言する。「市民としての責任は、社会のルールを守り、働いて収入を得て、税金を払うこと。生活が苦しいからと言って法を犯せば罰せられ、社会で健全に生きていくことはできない」とし、「会社も『法人』という人。ルールを守り、適正な利益を上げ、税金を納める義務がある。利益のみを追求すれば、市民同様、社会から弾かれてしまう」とする。
 また、「市民と違い、会社には事業の継続と従業員に対する責任もある」と指摘。「ルールを守り、税金が払える事業を永続的に存続させること、従業員の生活を守り、誇りを持って安心・安全に働ける職場を提供することが、会社には課せられている」と付け加える。
 同氏は最近の行政の処分強化に対しても肯定的な意見を持つという。「社会保険の加入や最低賃金は、運送業界だけに適用される法律ではなく、あらゆる会社が当然守るべき法律」としながらも、「残念ながら、一部の運送事業者では、従来から法令遵守の意識が欠如しているのも事実」と嘆く。
 これからの運送事業経営に求められることについて同氏は、「社会的責任とは何かを真剣に再考し、事業の永続的発展を図るうえで、どのようなリスクが想定され、その為に何をすべきかを常に考えるべき」とし、「具体的に対処していける事業経営者を目指してほしい」とメッセージを送る。」

・・・・・・・・・・・・物流ウィークリー 12月14日 掲載
[PR]

by office-matsumoto | 2009-12-21 06:39 | 物流ウィークリー
「キャリア形成助成金」物流ウィークリー掲載より
助成金の活用で会社に活力を!

お客様と直接関わるドライバーは、「会社の顔」といえます。
その自覚を持つ「プロドライバー」に育てていくには、何が必要でしょうか。

まず、「理想とするドライバー像」を明確にすることが重要です。
そして「理想とするドライバー像」と現状を比べ、
足りない部分は何か、それを補うには何が必要か、
どうすればよいかを考え、計画をたてます。

そして、計画に基づく継続的な教育訓練が必要です。

今回ご紹介する助成金は、計画的に行う職業訓練等の費用や、
職業訓練中の従業員の賃金を助成します。

なお、訓練の内容や対象となる従業員によっていくつかのコースに分かれます。

その一部をご紹介します。

『キャリア形成促進助成金』
職業訓練にかかる費用×助成率、および訓練期間中の賃金×助成率 を事業主に支給します。

【支給額】
1.訓練等支援給付金
 ①専門的な訓練に対する助成率 → 1/2
  ※職務に関連した専門的な知識や技能の教育訓練(対象は、中小企業のみ)
 ②短時間等労働者への訓練に対する助成率 → 1/2(大企業は1/3)
  ※パートタイマーや契約社員等に教育訓練を行う場合
 ③自発的な職業能力開発支援に対する助成率 → 1/2(大企業は1/3)
  ※従業員が自発的に行う能力開発を会社が支援する場合

2.職業能力評価推進給付金 → 
職業能力検定の受検料の3/4+受検時間に応じて支払った賃金の3/4
 ※厚生労働大臣が定める職業能力検定を受けさせる事業主に対して助成

【支給条件】
①雇用保険の適用事業所、②職業能力開発計画を作成、③職業能力開発推進者を選任
その他、受給するコースにより条件があります。

【ワンポイント!】
受付窓口は、(独)雇用・能力開発機構になります。
なお、法で定められた教育訓練は助成の対象外となります。
ただし、認定訓練を行う施設に委託する場合は対象となります。

・・・・・・・・・・物流ウィークリー12月7日掲載記事より

助成金の受給診断・相談は、社会保険労務士事務所オフィス松本まで。
[PR]

by office-matsumoto | 2009-12-08 18:38 | 物流ウィークリー
事務所新聞 12月号
12月、今年もあと一カ月。

5月の雇用調整助成金セミナーから始まり、起業家体験セミナー・
そして、物流ウィークリーの記事連載とマスコミ登場(?)と新しい経験をさせていただいた年でした。

皆様、本当にありがとうございました。

「自営業は、健康が一番!!」と
気をつけていたのに、
12月に入って風邪をひいてしまいました。

なかなか鼻声が治らず、地声を忘れてしまいそうです。


今月の事務所新聞は、次の内容でお届けしています。

1.「改正入管法」成立で企業への影響は?

7月に「出入国管理および難民認定法」が改正されました。
今まで研修生は雇用保険に入れなかったのですが、
実務研修を伴うものは雇用保険への加入が義務付けられます。

外国人を雇用する事業主は、押さえておきたい法改正です。


2.「労働時間適正化キャンペーン」実施

厚生労働省は、11月を労働時間適正化キャンペーン期間として定め、
長時間労働やサービス残業の問題解消への取り組むを実施しました。

キャンペーン中に寄せられた相談件数879件のうち、
長時間労働に関するものは 320件、賃金不払い残業に関するものは400件ありました。


3.税制改正で家計への影響は?

年末調整のまっただなかですが、
「扶養控除」の廃止・縮小と「給与所得控除」の上限設定を検討されています。


子ども手当を創設する代わりに、扶養控除を見直す動きがありますが
一般家庭への影響はどうなるのでしょうか。


4.産業医の選任に対する助成金

常時50人以上の労働者を使用する事業所では、産業医の選任が義務つけられています。
義務ではないが、産業医を選任し、労働者の健康に関する活動を行おうとする事業者を
支援する助成金「小規模事業場産業保健活動支援促進助成金」を紹介しています。


5.「父親のワーク・ライフ・バランス応援サイト」開設

女性の育児休業取得者と比較して、男性の育児休業取得者は少ないのが現状です。
そこで、子育てする男性を応援するサイトができました。

また、平成22年6月30日施行の「改正育児介護休業法」では、
父親の育児休業の取得促進を目的とした「パパママ育休プラス」や、
出産後8週間以内の期間に育児休業を取得した父親に限って
育児休業を再取得できる制度が新設されています。


次世代育成支援法の一般事業主行動計画策定は、
(社)中央労働基準協会へ(無料でコンサルタント)します。 


~~ コラム ~~
今年も残り1ヶ月となりました。
今年は丑年ですが、丑年の「丑」は、「曲る」「ねじる」を意味し、
芽が出掛かっているが、まだ曲っていて地上に出ていない状態を言うそうです。

来年の寅年の「寅」は、「引(のばしひく)」「伸ばす」と同系の語で、
草木が伸び始める状態を表しているそうです。

つまり、地上に出ていない芽が、来年には地上に出て勢いよく伸び始める・・・ということかも。

政治の世界では、今年の1月に、オバマ大統領が「Yes We Can!」と就任し、
9月には「友愛」の鳩山首相が誕生しました。

丑年に芽を出した両政権が、寅年に大きく育っていくような気がします。

当事務所は、10月に開業5年目に入りました。

これからも、「会社とともに考え、共に歩み、そして行動する社会保険労務士」事務所を目指し
頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

~~ ~~ ~~

時には、やさしく 時には 楽しい事務所新聞です。
ご希望の方は、問い合わせフォームにてお申し込みくださいませ。





 
[PR]

by office-matsumoto | 2009-12-08 18:28 | 事務所新聞