社会・労働保険、年金情報を随時更新しています。
by office-matsumoto
事務所HP
当ブログは社会保険労務士事務所【オフィス松本】から発信しています。
⇒事務所HP【オフィス松本】
※別ウィンドウが開きます。
最新の記事
おふぃま新聞 8月号
at 2017-08-10 15:00
おふぃま新聞 7月号
at 2017-07-12 12:11
おふぃま新聞 6月号
at 2017-07-12 12:10
おふぃま新聞 5月号
at 2017-05-07 08:35
おふぃま新聞 4月号
at 2017-05-07 08:33
カテゴリ
検索
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

事務所新聞12月号です
今日から12月。f0165077_1256227.jpg
今年も残り1ケ月となりました。

時がたつのは早いものです。
5月に秋葉原に事務所を移し
バタバタと過ごしてしまいました。

お陰様で事務所新聞の発行も無事とだえることなく
続けてこれました。

皆様、本当にありがとうございました。

今月の事務所新聞は

1.「保険治療」or「自費治療」で悩む歯の治療

  健康維持はまず丈夫な歯から。
  でも、歯医者さんの治療費って医者によってバラバラだと思いませんか?
  自分が受けている治療もよくわからず、医者の言い値で支払っている治療費。
  治療内容と治療費を知って賢く治療を受けることが大事ですね。

2.駐車違反の反則金を「社員の自己負担」にできる?

  駐車違反の取り締まりが厳しくなりました。
  では、仕事で車を使用して駐車違反したらどうなるの?
  罰金は誰が払ってくれるの?

3.ますます深刻化する「消された年金問題」
  
  まだまだ続く年金問題。
  未納から どこかに行ってしまって 今度は改ざんされていた。
  会社が改ざんしたのか、社会保険事務所が改ざんしたのか
  指示されてしたのかわからない。
  でも、被害者を救済しなければいけないことはわかっている。
  でも、どうやって?   一対どうしたらいいの?
  
4.未払い残業代の支払い等を求める労働審判や民事訴訟

  サービス残業の是正指導が過去最多となりました。
  今、労働者自らや家族か労働局や労基署に相談するケースが増えています。
  労働審判や民事訴訟を起こされないため、就業規則を見直してはいかがでしょうか。

5.12月の労務
 
コラム・・・・・

今年もあと1ヶ月となりました。12月を「師走」と言いますが、語源は「師匠の僧が、お経をあげるために東西を馳せる月」だと言われています。「師」というのは、学校の先生の事と思っていましたがお坊さんの事だったんですね。
さて、今年もいろいろな改正がありました。この改正は「働き方」についてでした。
3月・労働契約法施行・・・使用者・労働者が対等の立場で話し合い、両者の合意に基づいて働き方を決めましょう。
4月・パートタイム労働法・・・パートも社員も、勤務時間以外の働き方が同じならば、
待遇の差別はしてはいけませんよ。
7月・最低賃金法・・・正社員並みにフルタイムで働いても、ギリギリの生活さえ維持が困難なワーキングプアが増加しています。これじゃぁ、働かずに生活保護を受けた方がいいかな?と、勤労意欲が低下してしまいますね。そこで、最低賃金が大幅に引き上げられました。
いま、多くの会社がワークライフバランス(仕事と生活の調和)に注目しています。ワーク(やりがいや充実感をもち)とライフ(育児・介護をしながらでも)のバランスをとりながら仕事上の責任を果たす生き方が、従業員のやる気をUPさせ会社を活性化させます。多様な生き方が選択できる会社は優秀な人材が集まり定着します。また、心身の疲労が少ない→生産性向上→合理的な仕事→仕事への意欲が増すなどのメリットがあります。これからの会社は、従業員が多様な生き方が選択できるようサポートする環境作りが求められると思います。


時には、やさしく 時には 楽しく
さらに、時には厳しい事務所新聞です。
ご希望の方は、問い合わせフォームにてお申し込みください。




  
[PR]

by office-matsumoto | 2008-12-01 12:59 | 事務所新聞