社会・労働保険、年金情報を随時更新しています。
by office-matsumoto
事務所HP
当ブログは社会保険労務士事務所【オフィス松本】から発信しています。
⇒事務所HP【オフィス松本】
※別ウィンドウが開きます。
最新の記事
おふぃま新聞 8月号
at 2017-08-10 15:00
おふぃま新聞 7月号
at 2017-07-12 12:11
おふぃま新聞 6月号
at 2017-07-12 12:10
おふぃま新聞 5月号
at 2017-05-07 08:35
おふぃま新聞 4月号
at 2017-05-07 08:33
カテゴリ
検索
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

事務所新聞11月号です
朝晩ずいぶん涼しくなってきましたね。
f0165077_15513661.jpgそろそろ、暖房の準備をしなければいけない季節です。

今月の事務所新聞は、6頁になります。

1.外国人の派遣社員が労災事故になったら?

外国人も労働者ですから労災の給付があります。
でも、不法滞在だったら?
補償額は、日本人と全く同じ・・というわけにはいきません。

2.消費者金融から、従業員の賃金を払えと言ってきた!

「賃金は、直接労働者に支払うこと」という原則がありますね。
でも、従業員も納得しているようだし・・・あなたが会社の総務ならどうします?

3.年金改革に「第3の案」浮上。

年金制度改革の見直しとして、年金の財源を
①「全額税金」
②「最低年金創設」の案がありますが、どちらも いい面も悪い面もあります。

そこで浮上してきたのが、
「保険料軽減・税支援方式」
さて、この案には問題がないのでしょうか。

4.2009年問題。(労働者派遣に関する新たな動き)

現在、製造業者において、派遣労働者は3年という派遣期限があります。
2006年に偽装請負の問題が起こり、
多くの請負が派遣へと流れました。その派遣社員の期限が2009年です。

5.サービス残業解消指針

指針が示すサービス残業解消のためnとりくむべき事項を4つ書いています。

6.11月の税務と労務の手続き

コラム・・・


どこまで行くのか、年金問題
昨年、「最後の一人までチェックして正しい年金をお支払いします」と言っていたが、チェックすればするほど問題続出。未納問題から始まり、年金記録が宙に浮き、保険料を納めたはずなのに記録が改ざんされていた。多額の費用をかけた「ねんきん特別便」も、回答しなかったり、記録の漏れの可能性が非常に高い人が「訂正なし」と回答。漏れの可能性が高い人は電話や訪問でチェックを再度要請するらしいがこれも大変な手間と費用がかかる。
次から次へと不正がみつかりチェックするたびに社会保険庁の経費が増えていく。これって、将来は年金になるはずだったお金・・・来年の4月以降に「ねんきん定期便」が送られるが、これには年金見込額と標準報酬額が記載されている。その金額をみて、また別の問題が出てくるのではないかと思う。

どこまで行くのか、日本の労働市場
契約社員・派遣社員にフリーター、非正規雇用の労働者が問題となっています。一方、正社員も年収が抑えられた非正規雇用社員と比較され過重な労働を強いられています。これでは、貧困か過労死かどちらかを選べといっているようなもの。公的なセーフティネットとして、①雇用のネット ②社会保障(労災・雇用・健保・年金)のネット ③公的扶助(生活保護)のネットがありますが、雇用は非正規雇用へ、年金はいつのまにか消えているし残るは公的扶助の生活保護のお世話になるだけ。今は、家族が支えているセーフティネット。これは他人事でなく、自分の問題として考えなければいけない問題だと思います。


時には、やさしく 時には 楽しく
さらに、時には厳しい事務所新聞です。
ご希望の方は、問い合わせフォームにてお申し込みください。
[PR]

by office-matsumoto | 2008-11-05 15:55