社会・労働保険、年金情報を随時更新しています。
by office-matsumoto
事務所HP
当ブログは社会保険労務士事務所【オフィス松本】から発信しています。
⇒事務所HP【オフィス松本】
※別ウィンドウが開きます。
最新の記事
おふぃま新聞 10月号
at 2017-10-12 10:31
おふぃま新聞 9月号
at 2017-10-12 10:30
おふぃま新聞 8月号
at 2017-08-10 15:00
おふぃま新聞 7月号
at 2017-07-12 12:11
おふぃま新聞 6月号
at 2017-07-12 12:10
カテゴリ
検索
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
事務所新聞 11月号
11月、今年も残すところあと2ヶ月。
今年の目標を見直せば、あれもこれもできていない・・・と
焦ってしまいますが、

毎日を大切に過ごすことが大事ですね。

お仕事に、プライベートに
頑張ってまいりましょう。


今月の事務所新聞は、次の内容でお届けしています。

1.「新型インフルエンザ」と休業手当・有給等の関係

寒くなってきて、これからが新型インフルエンザの本番です。
以前にもお伝えしましたが、
新型インフルエンザで、従業員を休ませる時の賃金はどうしたらいいの?
有給休暇? 休業手当て?

厚生労働省のHPで、新型インフルエンザに関する労基法のQ&A
発表しています。


2.政府の雇用対策と雇用調整助成金等の状況

雇用調整助成金の受理件数は、
対象者・事業所ともに減少しているようです。

ただし、「大量雇用変動届」(会社都合による30人以上の離職)は、
増加しています。

政府の雇用対策としては、
「介護分野における雇用者数の拡充」、
「公共事業削減に伴う建設・土木労働者の転職支援」、
「生活保護の受給促進等の貧困層対策」
が挙げられています。


3.生活を楽しむ人は病気になりにくい?

厚生労働省の調査で、「自分は生活を楽しんでいる」と考える男性ほど、
循環器系になったりするリスクが低いとする結果が出ています。

ただし、女性については 意識とリスクの関連はみられないようです。

これは、女性がもともとストレスに強いからなのでしょうか・・・・


4.企業で導入が広がる「知的資産経営」

「知的資産」とは、特許やノウハウなどの知的財産だけではなく、
組織力、人材、技術、経営理念、顧客とのネットワークなど、
目に見えにくい経営資源の総称です。

そのような会社の本当の価値や強みを
しっかり把握し活用することで
他社との差別化を図る事ができます。

これまで、見えない魅力だった無形資産を生かすことが
企業業績UPに繋がるのではないでしょうか。


~~ コラム ~~
11月は、季節で言うと初冬なんでしょうが、暖冬のせいか、それとも
先日、参加した高校の同窓会のせいか、おセンチな気分が続いています。

ところで、「秋」と言えば、何を連想しますか?
「栗」「さつまいも」「紅葉」・・「運動会」「秋の遠足」
昔は、10月10日は体育の日で、運動会と言えば秋の行事でした。

私は、「秋」と言えば「ぎんなんの匂い」です。殻を割って食べる前の銀杏の種ではなく、
銀杏の実の匂いを思い出します。

私の通った小学校の校庭にはイチョウの木が何本もありました。
秋になると銀杏の実が落ちます。

子供たちは面白がって落ちた実を踏みつけるのですが、
それはそれはすごい臭いがするのです。
そして、それを近所の人がバケツに拾って持ち帰っていたことを思い出します。 

実から銀杏の種を取り出して乾燥させると、市販されている「銀杏」になります。

それを封筒に入れて電子レンジでチン!するだけで、
殻が割れて中から翡翠色の銀杏がでてきます。
それに塩を振れば、あら簡単 酒のつまみができあがり。

簡単 お薦めレシピです。

皇居で銀杏が拾えるとか。
今年は遅いかもしれないけど、来年はゴム手袋にバケツを持って銀杏拾いに行こうかな。

~~ ~~ ~~

時には、やさしく 時には 楽しい事務所新聞です。
ご希望の方は、問い合わせフォームにてお申し込みくださいませ。
[PR]

by office-matsumoto | 2009-11-01 12:39 | 事務所新聞
<< 残業削減雇用維持奨励金 「派遣労働者雇用安定化特別奨励... >>