社会・労働保険、年金情報を随時更新しています。
by office-matsumoto
事務所HP
当ブログは社会保険労務士事務所【オフィス松本】から発信しています。
⇒事務所HP【オフィス松本】
※別ウィンドウが開きます。
最新の記事
おふぃま新聞 8月号
at 2017-08-10 15:00
おふぃま新聞 7月号
at 2017-07-12 12:11
おふぃま新聞 6月号
at 2017-07-12 12:10
おふぃま新聞 5月号
at 2017-05-07 08:35
おふぃま新聞 4月号
at 2017-05-07 08:33
カテゴリ
検索
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
事務所新聞 8月号 2009.8.5
8月になりました。
関東は、梅雨明けしてから 雨が続きましたが、
8月に入り、夏になったような暑さが戻ってきました。

今月の事務所新聞は、次の内容でお届けしています。

1.自転車による違反の検挙・送検数が急増

自転車にも道交法が適用されますが、
自転車は「車両」という認識が薄いようです。

しかし、自転車の事故が増えていることから
危険・悪質な違反者には赤切符を含めた送検が行われるようです。

7月1日からは、傘をさしながらの運転、携帯電話を
試用しながらの運転が禁止になっています。

但しいいルールを守って安全に運転してほしいですね。


2.労災の請求・支給決定状況が高水準で推移

過労死等の事案について
業種別では、運輸業トップ、ついで 卸売・小売業

精神障害の事案について
業種別では、製造業がトップ、ついで 卸売・小売業
 
平成20年も労災の請求件数・支給決定件数とも
依然高い水準で推移しています。


3.8月1日から、基本手当日額が変更

(最高額)
60歳以上~65歳未満 6,741円 → 6,700円
45歳以上~60歳未満 7,730円 → 7,685円
30歳以上~45歳未満 7,030円 → 6,990円
30歳未満         6,330円 → 6,290円

(最低額)
1,648円 → 1,640円


4、派遣労働者の雇用と労災をめぐる問題

派遣社員の直接雇用の是正指導
派遣社員を出向と偽り派遣・・是正指導
派遣先での労災(隠し)・・・

法律に則した派遣労働者の雇用が企業には求められています。


5.熱中症対策

熱中症は、暑い日差しの中だけでなく、
室内でも起こります。

厚生労働者は、「職場における熱中症予防対策マニュアル」を発表しました。


6.不景気下における企業の対策(人事面)

企業の対策を紹介しています。
(1)残業規制
(2)中途採用の停止・削減
(3)配置転換
(4)賃金制度の見直し・・・

また、希望退職や退職勧奨・整理解雇を
行わざるをえない企業も多くなっています。


~~ コラム ~~

7月22日、日本の陸地では46年ぶりの皆既日食が観察されました。
残念ながら長引く梅雨空で皆既日食を観察できた所は少なかったようです。

「日食」は、地球と太陽の間に月が入るため、月によって太陽の一部が隠される現象です。

無限と言われる宇宙にある、その無限と言われる銀河団、
さらに銀河団にも無数の星があります。

その中の地球と太陽と月が一直線に並んだと思うと、宇宙の不思議さに感動を覚えます。

また、地球が誕生してから今までを1年にすると、
人類が誕生したのは、12月31日16時だそうです。

『世界がもし100人の村だったら』というインターネットで広まった民話があります。
世界の人口63億人を100人の村に縮めたらどうなるか・・・というお話です。
(池田香代子 マガジンハウスより一部抜粋)

「100人のうち、52人が女性で 48人が男性です」

「すべての富のうち、6人が59%を持っていて、みなアメリカ合衆国の人です
     74人が39%を  20人がたった2%を分けあっています」

「すべてのエネルギーのうち、20人が80%を使い 80人が20%を分け合っています」

「75人は、食べ物に蓄えがあります。雨露をしのぐところがあります。
     でも、あとの25人はそうではありません。17人はきれいで安全な水を飲めません」

「20人は栄養がじゅうぶんではなく、一人は死にそうなほどです。
     でも、15人は太りすぎです」
  
寝苦しい夜は、無限の宇宙・悠久の時・そして、地球に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

時には、やさしく 時には 楽しく
さらに、時には厳しい事務所新聞です。
ご希望の方は、問い合わせフォームにてお申し込みください。

[PR]

by office-matsumoto | 2009-08-05 17:57 | 事務所新聞
<< 事務所新聞 9月号 平成21年 上半期の法改正・ト... >>