「ほっ」と。キャンペーン

社会・労働保険、年金情報を随時更新しています。
by office-matsumoto
事務所HP
当ブログは社会保険労務士事務所【オフィス松本】から発信しています。
⇒事務所HP【オフィス松本】
※別ウィンドウが開きます。
最新の記事
おふぃま新聞 1月号
at 2017-01-10 12:34
おふぃま新聞 12月号
at 2016-12-04 20:16
おふぃま新聞 11月号
at 2016-11-05 07:06
おふぃま新聞 10月号
at 2016-10-05 06:38
おふぃま新聞 9月号
at 2016-09-06 06:42
カテゴリ
検索
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
事務所新聞1月号です
あけましておめでとうございます。f0165077_16525515.jpg

昨年の10月から雇用情勢が一気に悪化しました。
日比谷公園には、年越し派遣村ができています。
それも 今日の9時で閉村だとか。

仕事になかなか就くことができない人たちがいる一方で
改正労働基準法が施行され
割増賃金率は45時間以上 25%以上 
時間外60時間以上は50%となります(22年4月から)

これで、ワークシェアリングが進めばいいのですが
実際はどうなるのでしょうか。

今月の事務所新聞は

(1)国民年金の適用年齢を見直し?
  現在は、20歳~60歳が国民年金の適用年齢です。
  しかし、現状は22歳までは大学生等学生が多く 
  保険料の納付率は、20歳代が最低となっています。

  働くようになってから納付してはどうか?という見直し案が
  検討されています。

(2)30歳代後半フリーター支援
  30歳代後半のフリーターを雇用した企業に
  補助金が支給されます。

  非正規雇用者を雇用した企業にも
  助成金を支給しようという動きがありますが
  こちらはフリーターの雇用支援策です。

  試験雇用に4万円
  社員採用で 30万円~45万円の奨励金があります。

(3)バリアフリー化、つあける公的助成
  助成金の案内です。
  高齢者や障害者が、バリアフリー改修した場合に
  公的助成・支援制度があります。

  注意点は、居住地の自治体により制度が違うので
  改修する前に、まず 自治体の窓口で相談してくださいね。

(4)改正労働基準法が可決!
  12月12日に改正労働基準法が成立しました。
  冒頭でも書きましたが、時間外労働の時間数により 割増賃金率が違ってきます。
  施行は平成22年4月ですが、今からの準備が必要です。

  そして、もうひとつの改正は有給休暇の時間付与です。


ひとつでも関心のある記事がありましたら
こちらのフォームからお申し込みくださいませ。

社会保険労務士事務所 オフィス松本

今年も、社会保険・労働保険情報を発信基地として
頑張りますのでよろしくお願いいたします。
[PR]

by office-matsumoto | 2009-01-05 16:54
<< 事務所新聞2月号 2009.2.4 事務所新聞12月号です >>